自賠責保険ネットワーク

自賠責保険ネットワーク

自賠責保険とは、交通事故が起きた場合の被害者を救済するため、加害者の経済的負担を援助することが目的です。その為、自動車はもちろん、バイクや原動機付自転車といった、公道を走るすべての自動車は強制的な加入が義務付けられています。

自賠責保険の保険料は、高額ではありませんが、保険に入っていないまま公道を走れば罰則を受けます。自賠責保険は、車検が義務付けられている自動車やバイクは、車検と共に更新が行われますが、車検のない原動機付自転車では、自賠責保険の有効期間が切れている事に気付かない人も多くいますので、くれぐれも注意が必要です。

自動車保険といっても自賠責保険と、任意保険があり、それぞれに特徴があります。自賠責保険の特徴は、原動機付自転車を含むすべての自動車は、法律に基づいて自賠責保険の加入が義務付けられており、加入しなければ運転はできず、無保険運転は違法になることです。 任意保険の場合、加入は本人の自由で加入していなくても運転が可能で、罰せられることはありません。

また、自賠責保険は、人身事故による損害について補償されるものであり、物損事故は対象にならないという特徴もあります。この為、物損事故に関しては任意保険に加入して補償しておく必要があります。 また、被害者は1人ごとに支払限度額が定められており、複数の被害者がいても、全員に被害者の支払限度額が支払われ、1人の割合が減らされることはありません。

そして、自賠責保険では、被害者に対する仮渡金制度があり、賠償金の総額が判明していなくても、一時金を受け取る事が出来ます。自賠責保険は国の管轄する保険なので、任意保険のような保険会社ごとに保険料が変化する事はありませんが、 交通事故の発生件数を考慮し、事故が減る事で自賠責保険の保険料は安くなります。自賠責保険が必要無くなるような交通社会を目指して、ドライバー1人1人が安全運転を心掛けましょう。

スポンサードリンク