自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と交通事故

運行中以外の事故

自賠責保険が適用される条件には、運行によって他人の身体を害した場合とされていますが、運行とはどういう状態でしょうか。

運行と運転を同じに考えている人もいますが、自賠責法による運行の定義は、運転だけではなく、かなり広い意味があります。例えば、クレーン車のクレーンを操作中の事故は、クレーン車は走行していませんが自賠責保険の適用があります。このような適用範囲の広さは、被害者の保護を第一目的にしているからで、自賠責保険の理念の表れです。現在は、この運行の概念について、固有装置説が一般的です。

固有装置説は、自動車固有の装置の操作も運行に含むという考えで、ミキサー車のミキサーの回転や、フォークリフトやシャベルローダーの操作中も運行に含まれます。このような、駐車中の特殊自動車の操作による事故の場合も、自賠責保険の適用範囲になります。

また、特殊自動車でなくとも、自動車のドアの開閉や、荷おろしの最中の事故や荷降ろしが直接の原因となる事故、また牽引走行中やサイドブレーキが緩んでいたことから、坂を下降してしまった場合なども運行中として考えられ、自賠責保険が適用になります。

逆に運行の範囲にならないものは、駐車中の車内で熱射病により死亡してしまった場合や、 故障で路上に駐車している自動車に対して衝突した場合の事故は運行中とみなされません。 このように、自動車の固有の装置ではなく、運行と因果関係がない場合の事故は、自賠責保険が適用されません。

スポンサードリンク

乳酸菌1000億