自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と交通事故

加害車が2台以上ある場合

多重交通事故の場合は、怪我を負わせた自動車が2台以上になってしまいます。このような状態は、共同不法行為といい、怪我を負わされた人は、怪我を負わせた2台の自賠責保険に対して請求する事が可能です。つまり、限度額が2倍になり、3台なら3倍になります。

一般的に、自賠責保険は怪我を負った場合。支払われる限度額は120万円ですが、加害車両が2台の場合には、限度額が2倍になり240万円が支払われます。

また、死亡保険金の場合、1台では自賠責保険で支払われる限度額は3000万円ですが、2台なら限度額が6000万円となります。自賠責保険は、両方に請求しなくてはならないという決まりはなく、自由に請求する事ができ、限度額を超えたら他の自動車の自賠責に請求することも可能です。

ただし、限度額が変わるだけで、個別の請求額には変化はありません。その為、自賠責保険では入院雑費は1100円ですが、共同不法行為で加害車両が2台になっても2200円にはならず、限度額が240万円となるだけです。

もし、交通事故の被害者が二重に引かれたり、どちらがどのようにぶつかったかわからない場合は、どちらによる事故か判断することが困難なので、共同不法行為が成立する事になります。加害者と被害者は必ず1人ずついるとは限らず、1人の被害者に2台以上の加害車両がある事もよくあります。

加害自動車が複数の場合、自賠責保険請求は、支払い対象の損害を重複して認定することはありません。 もし、1台の車では請求額が限度額を超えてしまった場合、2台目の車へ追加請求が可能になります。

スポンサードリンク

カードローン