自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と交通事故

自賠責保険の支払限度額

自賠責保険の賠償金の支払い内容には、限度額が設定されています。ただし、いつでも限度額分が支払われる訳ではなく、加害者に重大な過失がある場合には限度額から金額が減額されたり、まったく支払われない場合もあります。

また、被害者の損害に対して、計算した金額が限度額以内であれば、計算の限度額が支払われて限度額を超えた金額は、任意保険や個人で支払う必要があります。自分が被害者で示談交渉する場合には、自賠責基準だけで終わらないよう注意が必要です。

最終的な損害賠償金額の決定は裁判所が行い、被害者の1人に対する支払限度額は、死亡事故の場合は3,000万円、傷害事故の場合は120万円が限度額になります。また、事故により後遺障害を残してしまった場合、後遺障害の等級ごとに限度額が変化します。

最も後遺障害の重い1級の場合は、4000万円 が限度額になり、最も障害の軽いとされる10級では、461万円 となります。この限度額は、被害者の年齢や職業によっても増減し、自賠責保険の限度額が賠償金に満たない場合は、任意保険などで補う必要があります。

加害自動車が2台以上の場合は、それぞれの保険に請求が可能で、支払限度額は支払限度額×加害自動車の台数になります。また、後遺障害等級によって、自賠責保険の保険金額が変わりますが、後遺障害が2つ以上ある場合は、重い後遺障害の等級が判断基準になります。

スポンサードリンク

車 買取