自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と交通事故

内払い制度

内払い制度とは、傷害事故による被害者の治療が継続している際に、損害額の総額が決定出来ず示談が出来ない場合において、10万円単位の保険金が仮に支払われる制度です。

この時、既に加害者が被害者に支払っている損害額が、10万円を超えている必要があり、この制度を利用することで、長期間にわたる治療費の立て替えを被害者がする必要が無くなることになります。

内払い請求が出されると、保険調査事務所が請求書類を基に被害者の損害額を計算し、総額が10万円を超えると10万円単位で内払い金を支払ってくれます。 もしも、被害者の損害の合計金額が96万3,000円であったとすると、10万円単位である90万円だけが内払い認定額となります。

そして、96万3,000円から90万円分差し引いた6万3,000円分が、次の計算に繰りこされて支払われます。すでに、内払い金が支払い済みであったり仮渡金などがある場合は、90万円から支払済みの金額を差し引いた額が、支払額になります。被害者の損害額が新たに10万円を越えるごとに、内払い請求が可能ですが、傷害限度額の120万円を超える請求はもちろんできません。

被害者自身が内払い制度を利用することができるので、加害者が非協力的な場合、被害者は加害者を通さずに保険会社から内払い金を請求することができます。

内払い制度は、加害者側も被害者側も、いずれからでも請求が行えますが、傷害事故の場合に限り、死亡事故や後遺障害については請求が行えません。

スポンサードリンク