自賠責保険ネットワーク

自賠責保険の基礎知識

バイクの自賠責保険

単純にバイクといっても、バイクには大型バイクから原付バイクといった種類があります。自動車にも、軽自動車から大型車などの種類がありますが、自動車の場合は例外なく、自賠責保険に加入することと車検が義務付けられています。しかし、バイクの場合は、バイクの大きさや排気量によって、自賠責保険の加入が義務付けられていても車検は義務付けられていない場合があります。原付の自賠責保は法律上、加入が義務付けられている強制保険である事は自動車と同じく変わりがありません。自賠責保険を基本に、原付バイクも任意保険に加入する仕組みになっています。

バイクや原付きの保険も、自動車保険に分類されます。原付やバイクの自賠責保険料は、原付バイクの場合、2008年4月1日より保険期間が1年の場合は6,960円、 2年の場合は 8,790円 、3年の場合は 10,580円、4年の場合は12,340円 、最長の5年の場合は14,070円 となっています。このように、保険は長期で契約した方が安く、単純に2年の契約を2回行うよりも、4年で契約すれば5,000円以上も保険料が安くなります。

廃車などの予定がすぐにある場合は別ですが、特に予定がない場合は、例え途中で廃車になっても、過払い分の保険料は返還されるので、長期で自賠責保険の契約を行った方がいいでしょう。バイクの場合、125cc~250cc以下、250cc以上で保険料が変わります。また、50cc~125ccのバイクの場合は、原付と同じ保険料になります。

スポンサードリンク