自賠責保険ネットワーク

自賠責保険の基礎知識

自賠責保険とは

自賠責保険は、自動車を所有する人は加入が義務付けられる、強制的な保険です。国によって保険に加入する事を義務付けられ、未加入であると罰せられる事になります。また、自賠責保険の保険証を自動車に携帯しなかったり、期限切れの場合も罰せられます。

基本的には、公道を走る全ての乗り物は加入するので、自動車以外にも原付自転車や、バイクの所有者も加入が義務付けられています。自賠責保険の、補償対象は被害者個人です。一度の事故で複数の被害者がいる場合は、全員に保険金が支払われます。自賠責保険の保険料は、保険加入者の年令や事故歴には一切関係なく、全員一律で料金を支払います。

自賠責保険は、事故の被害者に対する賠償保険で、請求された賠償金を一部補償することで、加害者の経済的負担を軽減します。自賠責保険は自動車損害賠償責任保険といい、国が管轄を行っています。自賠責保険は強制保険なので、保険加入者は同じ補償をうける事になります。

相手に怪我を負わせた場合、一人に対する障害の限度額は120万円です。被害者が死亡した場合は、3000万円が限度額になり、後遺症が残った場合は4000万円が補償されます。ただ、一般的に請求される賠償金は、自賠責保険で補償される額では補いきれません。そのために、多くのドライバーは自動車任意保険に加入し、差額分を補償して貰います。自賠責保険は強制保険の為、解約は出来ませんが、自動車を廃車にするときには、解約することが出来ます。

スポンサードリンク