自賠責保険ネットワーク

自賠責保険の基礎知識

自賠責保険の更新

自賠責保険は、期限が切れた場合には更新を行う必要があります。 自賠責保険は国の管轄する強制保険ですが、保険に変わりはないので契約期限を過ぎると、更新する必要があります。基本的に、自動車は一定期間で車検を通す必要があり、次の車検を目安にして自賠責保険を支払い、更新が行えるようになっています。

今まで深く気にした事のない人は、車検の時にディーラーや整備工場の明細を確認すると、自賠責保険料が記載されています。 自賠責保険の更新で、特に注意が必要な人達は、車検を行う事が義務になっていない250cc以下のバイクや原付を利用している人達です。車検を行っていなくとも、自賠責保険の更新期限が迫ると、保険会社からハガキや案内が届くようになっています。 更新のはがきが着ていた事を忘れてしまうと、自賠責保険未加入状態に戻ってしまい、バイクや原付を公道で運転することが出来なくなりますので、更新を忘れないようにしましょう。

原付やバイクの自賠責保険の更新は、バイク屋や保険会社の他に、コンビニでも取り扱いが可能です。車種や名義の変更も途中で行えますし、 廃車にする場合は解約もできるので、最長の5年で更新すると手間が少なくなります。 原付の場合、5年で更新すると1年の保険料は、1年で更新契約した場合の約半分の保険料ですませる事が可能です。

インターネットで更新手続きを行えば、期限の1ヶ月前から1週間前までは手続が可能なので、余裕をもった更新手続を行えるようにしましょう。

スポンサードリンク