自賠責保険ネットワーク

自賠責保険の基礎知識

自賠責保険の返金

自賠責保険は、自動車やバイクで公道を走る場合には、加入することが強制的になっている保険です。自動車保険には、自賠責保険の他に任意で加入する任意保険もあります。この任意保険は、自賠責保険とは異なりいつでも加入する事ができて、いつでも解約が可能ですが、自賠責保険は基本的に解約は出来ません。

自賠責保険は自動車やバイクで事故にあった場合、最低限の範囲で被害者を補償する為に入る保険です。この自賠責保険は廃車にする際には、解約する事ができ保険の契約期間が余っている場合には、余分に支払った分の保険料を返金してもらうことができます。

ただ、自賠責保険は廃車にしない限り解約することができず、公道を走らせている訳では無くても、所有している場合は自賠責保険を支払う必要があります。通常、自賠責保険は車検に合わせて3年契約になっており、廃車する場合には、余分に支払った保険料を返金して貰います。

自賠責保険は国が管轄する保険なので、自賠責保険に未加入で公道を走ると、罰金や免許停止などの対象になります。また、自賠責保険証明書を車内に携帯していなくても処分の対象になるので、自動車やバイクに常に保管しておきましょう。

自賠責保険は、保険料を国に支払いますが、各保険会社が窓口になっているので、廃車した際の自賠責保険の返金手続は、自動車任意保険で加入している保険会社に行います。自賠責保険は、廃車手続きを行って返金手続きをした翌月から、保険の契約期間終了までの過払い分が返金される事になります。

スポンサードリンク