自賠責保険ネットワーク

自賠責保険の基礎知識

自賠責保険金が支払われない場合

自賠責保険は、事故があればいつでも支払われるものではなく、無責事故に対しては支払われることがありません。無責事故とは、被害者の責任で発生した事故です。

車対車の交通事故は、双方とも過失があると判断される事が多く、どちらかが過失がゼロという事は多くありません。自賠責保険は、対人について補償する保険なので、賠償責任のない無責事故は、自賠責保険金の支払い対象にはならず、相手の任意保険の自損事故保険金の対象になります。

自賠責保険で支払われない場合は、加害者に責任がない場合で、運転者が運転に関して注意を怠らず、被害者か第三者に故意か過失があるか、自動車の構造に欠陥や機能の障害がある場合です。また、電柱に自ら衝突するような、自損事故で死傷した場合も、自賠責保険は支払われません。自動車の運転で死傷しのではない、駐車場に駐車した自動車に、ぶつかって死傷した場合も自賠責保険は適用されません。これは、駐車場に駐車した自動車は、運行状態ではないからです。

そして、重要なのが、被害者が他人でない場合です。被害者の自動車を、家族や知人が運転して自損事故を起こした場合は、その自動車に同乗していた人が死傷しても自賠責保険は支払われません。

被害者が所有する車で事故にあうと、被害者は他人にはならないからです。そして、運転手の悪意によって起きた事故の場合も、加害者には保険金の支払はされません。

スポンサードリンク