自賠責保険ネットワーク

知らないと困る自賠責保険

自賠責保険と罰金と点数

自賠責保険における、罰金や点数については2通りの状況が考えられます。 これは、自賠責保険に加入していない場合に罰金や点数が影響する場合と、自賠責保険を使った場合に罰金や点数に影響がおきる場合です。

まず、自賠責保険に加入していない場合の罰金や点数については、自賠責保険の加入が法律で義務付けられているので、加入していなかったり、保険の契約期限が切れている場合は50万円の罰金あるいは懲役1年以内の刑事罰を受けるという、非常に厳しい罰が与えられ、さらに道路交通法違反の点数は6点となってしまい、一発で免許停止処分になってしまいます。

また、自賠責保険の証明書を自動車やバイクに携帯しないまま走行していると、30万円以下の罰金を支払わなくてはなりません。 そして、自賠責保険を使った際にも、罰金や点数は影響を受けます。自賠責保険は、もともと被害者を救済する事を目的とした保険で、 事故に遭った被害者を守る保険です。 その為、人身事故で罰金や罰則が科せられるのは、加害者のみです。 しかし、双方が負傷した場合には、双方に罰金や罰則が科せられる事になります。

基本的に、事故の程度にもよりますが、罰金や減点などの行政処分は、事故保障とは別次元の話になります。自賠責保険については保険会社が判断し、罰金や減点については警察が判断を行います。 人身事故の場合は、一般的に免停と6万円以上の罰金になります。事故の報告は、保険会社にも警察にも正しく伝え、それに応じた罰則を受けましょう。

スポンサードリンク