自賠責保険ネットワーク

知らないと困る自賠責保険

自賠責保険のシールについて

自賠責保険には、自動車損害賠償保障法によって取扱いが法律で定められています。 自賠責法は、自動車やバイクの人身事故が発生した際に、加害者の賠償金の支払いの負担を軽減し、被害者や遺族の救済を図ることが目的とされた法律です。

公道を走行する自動車やバイク、また原付等は、例外なく自賠責保険に加入している必要があると自動車損害賠償保障法で定められています。 また、自賠責保険の加入を証明する自賠責保険証明書を、走行時には自動車やバイク、また原付に必ず携帯し、いつでも提示できるようにしておく必要があります。

車検が必要となる車やバイクの場合は、車検期間内を満たすように自賠責保険に加入しておき、期限の切れていない自賠責保険証明書を提示しないと、車検に合格する事ができないようになっています。 車検を完了した車やバイクは、車検期間を示す検査標章が交付されます。この検査標章シールを、自動車やバイクの定められた位置に貼っておかないと、公道を走行することが出来ません。

250㏄以下のバイクや原付の場合、車検は必要としませんが自賠責保険へ加入することが義務付けられています。 これらの車両は、損害保険会社から保険標章という自賠責保険の満期年月を示すシールが交付され、保険標章シールを定位置に貼っていない場合は、公道を走行できません。

この検査標章シールを張っておくだけで、自賠責保険への加入を証明できます。 もしも、シールが紛失してしまった場合は、保険会社に連絡する事でシールの再発行が出来ます。

スポンサードリンク