自賠責保険ネットワーク

知らないと困る自賠責保険

自賠責保険の期限切れ

自動車やバイクの自賠責保険は、公道を走る場合は加入することが交通法規で義務づけられています。 もしも、自賠責保険に加入していない状態で、自動車やバイクを公道に走らせると、無保険車両運行という事になり1年以下の懲役か、50万円以下の罰金を支払う必要があり、さらに免許停止処分などの厳しい罰則を受ける事になります。

自賠責保険に新規加入する際は、自動車やバイクのナンバーを取得した際に、加入するのが一般的です。

自賠責保険の更新は、自動車や250cc以上のバイクでは、車検が義務づけられているので、車検を受けるごとに更新されます。 ただ、車検を行う義務のない250cc以下のバイクや原付では、自賠責保険の更新を自分で管理し行う必要があります。250cc以下のバイクや原付の人は、自賠責保険の更新日に余裕をもって手続を行う必要があります。

250cc以下のバイクや原付の場合は車検を行っていない場合、自賠責保険の更新が自動的に行われず保険契約期間が切れている事に気づかないで、走行し続けている事がよくあります。このような自賠責保険の未更新防止対策の方法は、自賠責保険の契約期間を最大の5年間にしておくことが一番いいでしょう。

自賠責保険は1年間から5年間の間で契約期間を選択することができ、自賠責保険の契約年数は長いほど、1年あたりの保険料が低くなる仕組みになっています。自賠責保険の契約期間内に廃車にして解約すると、残った自賠責保険の契約期間分の保険料は返還されます。

スポンサードリンク