自賠責保険ネットワーク

知らないと困る自賠責保険

自賠責保険の不携帯

自賠責保険証明書は、走行中に自動車やバイクに不携帯であった場合には、不携帯であるという事で30万円以下の罰金になります。自賠責保険証明書は、必ず車やバイクに携帯しておき、特に、車検の必要がない250cc以下のバイクや原付バイクに乗る場合は、自賠責保険の有効期限切れに気づかず乗り続ける事のないように注意が必要です。

自賠責保険は、交通事故による被害者に補償を行うために、加害者の被害者に対する慰謝料の金銭的な負担を援助して、被害者の損害の慰謝料を十分に確保することが目的です。 行動を走る原付を含むすべての自動車に、自賠責保険の加入が義務付けられています。

この為、自賠責保険の不備に対しては、罰則は大変厳しくなっています。 自賠責保険証に未加入の場合は、50万円の罰金か懲役1年以内の罰則を受ける事になります。また、道路交通法違反によって、点数が6点の減点されてしまい免許停止になったり、任意保険の等級が下がる事になります。

公道を走らせる場合は、自賠責保険証を必ず携帯するように交通法規で決められていますが、とくに原付バイクやバイクは、自賠責保険証の保管が自動車の要に容易ではなく、工夫が必要になりますが、無くならない場所に携帯をするようにしましょう。

公道を走行する際は自賠責保険証書の携帯が必須ですが、もし、自賠責保険証を紛失した場合には、すぐに自賠責保険証の再発行手続きを行います。 自賠責保険証の再発行は、加入した保険会社や保険代理店で行う事ができます。

スポンサードリンク