自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と任意保険

自賠責保険と任意保険の必要性

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険が、強制的な保険なため、自賠責保険に加入していればいいと、考えている人もいます。しかし、もし事故にあったら、自賠責保険だけでは補いきれません。自賠責保険は、被害者に対する最低金額のみ補償していません。その為、交通事故で後遺障害を負ったり死亡した場合、高額な賠償金の支払いが命じられると、自賠責保険だけでは賠償金を支払う事ができません。

後遺障害が残ったり、相手が死亡してしまった場合、億を超える賠償額の支払いが命じられます。また、被害者が骨折や重傷を負った場合でも、自賠責保険の限度額である120万円を、軽くオーバーする賠償金が命じられます。このように、自賠責保険だけではカバーできない賠償金は、ドライバーが自分でその差額を支払うか、自動車任意保険に加入し、差額分を補ってもらう必要があります。

自賠責保険は対人保険なので、事故でものを破壊した場合は、自賠責保険が適用されません。ものでなくても、自分自身に対する損害は、自動車任意保険に加入して補償してもらう必要があります。自動車任意保険は、任意で加入する自動車保険ですが、日本では0%以上の人が自動車任意保険に加入しています。自動車任意保険は、自賠責保険の不足部分を補う以外に、 自分や対物に対しても、補償するために必要な保健です。

スポンサードリンク