自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と任意保険

等級制度

任意保険における等級は、ドライバーの過去の事故暦に応じて保険料が、値上げされたり値下げされ制度の事を言います。等級は、正式にはノンフリート等級といいます。ノンフリート等級は、自動車の所有台数が9台以下の場合に適応され、それ以上では適用されません。

ノンフリート等級は、各保険会社によって値引きの内容に多少の差があり、一般的には等級の数字が小さいと割増率が大きく、数字が大きいと割引率が大きくなることが多いです。ノンフリート等級には、1から20まで級があります。一般的に、保険加入期間の間に1年間事故を起さないと、等級が1級増え事故を起すと等級が3級下がるります。

保険契約中に無事故でい続けると、最終的には最高の20等級になります。等級が20級になると、長期有料割引の対象になる事が出来ます。初めて自動車保険に加入した際は、6級からノンフリート等級がスタートし、割引率は10%になります。

もし、事故や違反でノンフリート等級が1級まで下がってしまうと、割り増し率が60%以上になってしまいます。等級が1級になると、保険契約の内容が制約される場合もあります。また、等級が1級になった場合、保険会社によって保険契約を打ち切られる場合もあります。事故を起すと、等級は3級ずつ下がりますが、自然災害や盗難では、等級は変化しません。

等級が下がるのは、保険を適用した場合で、軽度の事故は保険を適用せずに修理した方が長期的に安く済む場合があります。

スポンサードリンク