自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と任意保険

特約

自動車保険の保険会社による差は、1998年の自動車保険が自由化する以前は特にありませんでした。どの自動車保険会社に入るかを、保険料や条件によって悩む必要がなく、会社や契約内容に差はほとんどありませんでした。

しかし、自動車保険が完全に自由化されたことで、保険料や加入条件に保険会社による差が生まれて、保険加入者は保険会社を選択する必要ができました。自動車保険会社は、保険料や加入条件だけでなく、保険会社ごとの特約を提供する事で、他社との差別化を図る事になりました。

基本的に、特約は、通常の保険に付加価値として付けるサービスのことです。特約には、保険内容を強化したり、保険料を安くするようなサービスがあります。保険料を安くする特約には、家族や年齢、また本人といった保険の適用範囲を限定する事で、保険料を安くする事の出来るものがあります。また、事故が起きた場合に、保険内容を強化してくれる特約もあります。

自損事故傷害保険は、保険内容を強化する特約では、対人賠償保険の内容を強化して過失があったとしても、補償を受けることが可能になります。また、車両保険の特約では、一般車両保険が補償対象になるだけでなく、免責が無くなった場合や全損の場合以外は補償してくれる特約があります。盗難にあった場合に、代車を貸してくれる特約や、医療保険に対する特約、最近はペットに対する特約もあります。これらの特約は、保険会社によって内容が異なり、保険加入の際に内容を確認する必要があります。

スポンサードリンク