自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と任意保険

任意保険の任意補償内容

ドライバー保険は、自動車を所持していないドライバーに対する保険です。自分の自動車を持っていなくても、知人の車や、レンタカーを運転する人は、加入した方がいい保険です。

他人の自動車で事故起こすと、ドライバー保険に加入していれば、保険内容の補償が受けられます。ただ、家族の自動車を借りて運転した場合は、補償を受ける事が出来ません。他人の自動車を借りて事故を起こすと、ドライバー保険に加入していない場合、自動車の所有者である人の保険が適用されます。

この場合、所有者の等級が下がってしまい、直接事故を起していないにもかかわらず、保険料が上がってしまいます。ドライバー保険は、運転免許証をもっていれば誰でも加入できます。ただ、車両保険は付かないので、車の修理費は実費で弁償する必要があります。ドライバー保険は、家族は補償はされませんし、法人名義の自動車も補償適用の範囲外です。

搭乗者傷害保険は、車の同乗者に対して適用される保険です。搭乗者傷害保険は、車に搭乗している人は全て保険の適用範囲になります。搭乗者傷害保険は、相手の賠償金に関係なく支払われます。ただ、保険会社に自分で請求しないと、支払われない事多いので注意しましょう。

搭乗者損害保険では、人身傷害補償と保険の内容がかぶっており、搭乗者損害保険よりも人身傷害補償を選ぶ傾向があるようです。その為、搭乗者傷害保険と人身傷害補償は、併用する内容が多いので、保険料に余裕がない場合は、片方だけでもいいでしょう。

スポンサードリンク