自賠責保険ネットワーク

自賠責保険と任意保険

任意保険の必須補償内容

対人賠償保険は、賠償金に支払われる自賠責保険の差額分が保障される保険です。自賠責保険は保険金が一律ですが、金額がすくないため、請求された賠償金に足りません。その為、請求された賠償金の差額分を、保険会社に補償して貰います。

対人賠償保険に入ることが必要とされるのは、自賠責保険では請求される賠償金に満たないので、被害者に余計な負担が及ばないように加入します。対人賠償保険の対象は、歩行者や相手の車、そして同乗者です。ただし、加害者が他人で、相手が家族の場合は保険の対象外になります。自動車保険は自動車に対してかける保険で、保険契約者以外の人が運転して生じた事故は対象外になります。

対人賠償保険の場合、人が保険の対象になりますが、対象範囲を理解しておく必要があります。対人賠償保険には加入しない場合、事故に巻き込まれた被害者をさらに苦しめる事になるので、ドライバーの義務として加入しましょう。

対物賠償責任は、自賠責保険が適用されない物や車に対する保険です。対物賠償保険は、ドライバーが無免許や、飲酒運転であっても適用されます。また、店舗や商店の商品を破壊してしまっても、対物賠償保険が適用さます。

また、営業困難になった場合の休業損失も、対物賠償保険で補償することが出来ます。対物賠償保険は、他人の所有物に適用され、自分の所有物には適用されません。また、家族の所有物も、対物賠償保険は適用されません。また、ペットも対物賠償保険の適用範囲にみなされます。安全運転するのが一番大切ですが、車を運転するのであれば対物賠償保険は必須の補償と言えます。

スポンサードリンク